ストレッチ専門店

【公式サイト】e-stretch 大手町

カラダを柔らかくすると痩せやすくなる!?

 

スポンサードリンク

 

 

 

皆さん、こんにちは。

 

 

トレーナーの大友です。

 

 

毎日、雨が続いていますね。

 

 

梅雨の時期ってなんだかやる気がでないですよね。

 

 

疲れが取れにくかったり、なんだかカラダが重たかったり・・・

 

 

そんな時は、一日の疲れを取る為に、

ストレッチをすると、とっても気持ちいいものです。

 

 

ゆったりとした気持ちで筋肉を伸ばすと・・・

 

心もリラックスできます!

 

スッキリ疲れが吹き飛んじゃいます。

でも、ストレッチだけじゃ痩せないし・・・

 

なんて思っていませんか?

そんなことはありません!!

 

 

ストレッチには、隠れたダイエット効果があるんですよ。

 

今日は、ストレッチの隠れたダイエット効果についてお話しますね。

 

 

【基礎代謝と活動代謝】

 

「基礎代謝」は聞いた事ありますか?

 

なんにもしなくても消費してくれるカロリーのことですね。

 

生命を維持する為に使われているエネルギーのことです。

 

一方「活動代謝」とは、運動したときに代謝されるエネルギーのこと。

 

“運動する”といっても特別のことではないですよ。

 

 

駅まで歩くとき・・・

 

家事をしながら動くとき・・・

 

買い物の荷物を持ったとき・・・など

 

 

こんな日常生活の中で消費されるカロリーのことです。

 

 

今回注目して欲しいのが、この「活動代謝」
実は、柔軟性が高い人は活動代謝が高くなるんです!

 

 

【柔らかい人は活動代謝がアップする】

 

では、どうして柔軟性が高い人は活動代謝があがるのか説明しますね。

 

 

「柔軟性が高い」=「関節の動く範囲が大きい」ということです。

そして、ここからが重要です。

 

 

「関節の動く範囲が大きい」=「使われる筋肉が多くなる」

 

「使われる筋肉が多い」=「消費エネルギーが増える」

 

と言う風になるわけです。

 

 

例えば・・・

 

 

 

股関節が硬い人が歩くと、歩幅が狭くなってしまいますね。

 

狭い歩幅だと、脚の筋肉は使っても、お尻や骨盤周りの筋肉は使われません。

 

 

でも、股関節が柔らかい人は・・・

 

 

歩幅が自然と広くなります。

 

 

お尻周りや骨盤、ウエスト周辺までも筋肉が使えちゃいます!

 

試しに、いつもより歩幅を大きくして歩いてみて下さい!!

 

 

いつもより筋肉を使ってる感じがするはずです。

 

 

そしていつもより、少し疲れるように感じる人もいるでしょうね。

 

 

筋肉を使えば、それだけ使用するエネルギーも増えますから活動代謝がアップするわけです。

 

 

柔軟性がアップすれば、自然と歩幅が広くなって自然と活動代謝がアップします!

 

 

今回は、歩幅を例にして説明しましたが、他の動作でも同じことが言えるんです。

 

 

だから、股関節だけじゃなくて全身ストレッチして、柔軟性をアップさせておけば
特別な運動をしなくても、いつもの生活で
消費するカロリーが増えちゃいます!!!

 

頑張って運動しなくても良いなら、続けやすいですよね♪

 

 

どうでしたか??

 

 

ストレッチだって立派なダイエット効果があるんですよ。

 

 

ストレッチして、疲れを取りながら、
さらにダイエットも一緒にしちゃいましょう!!

 

 

116

 

 

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
data-ad-client="ca-pub-6064168241322856"
data-ad-slot="5729184122">

 

ダイエット

この記事に関連する記事一覧