ストレッチ専門店

【公式サイト】e-stretch 大手町

「質の良い睡眠を!」

 

イーストレッチ大手町店トレーナーの山崎です。
毎日暑いですが、
暑さに負けずに夏らしくアクティブに過ごしたいですね!!
 
 

しかし、夏はどうしても疲れが溜まりやすくて、
夜も寝苦しいことも多いのではないでしょうか?
疲れとるためには、しっかりとした安眠が大切です。
 
 

今日は、寝苦しい夜でもぐっすり眠るための方法を
紹介します。
 

まず、深い眠りを取る為に大切な時間帯は、
眠り始めの3時間です。
始めの3時間が、最も深い眠りにつきやすく、
この3時間の眠りが浅くなってしまうと、
目覚めの爽快感が大きく変わってしまいます。
 

つまり、
寝つきを良くする事が安眠への第一歩という訳です。
 

~就寝前の過ごし方~
 
 

■ スマホ・パソコンの使用は控えましょう

「スマホ ベット」の画像検索結果

寝る前もスマホやパソコンを愛用している人要注意です。
スマホやパソコンの影響によって
脳が活発になってしまい、寝つきが悪くなるそうです。
また、目を酷使することも良くありません。
なので、就寝前の読書も控えることをオススメします。
 
 

■ 就寝までの流れを習慣づける

私たちのカラダにとって、習慣とはすごいんです。
「梅干を見ると唾がでる」という話、
聞いた事ありませんか?

“梅干=すっぱい”

という事をカラダが覚えていることで
梅干を見るだけで唾がでてしまうのです。

つまり、就寝までの行動の中での流れを決め、
毎日同じ行動をとることで、
「○○○の行動をした」=「眠る」
というように、カラダが寝る体制になってくれるのです。
 
 

■ 寝る前にはコップ一杯のお水

「コップ お水」の画像検索結果

夜中に途中で目覚めてしまう原因の一つは、 

“喉のかわき”にあります。

寝ているときには、自分が予想しているよりも
たくさんの汗をかいています。
特に暑い夜は、体温を調節する為に
いつも以上に水分を失ってしまうのです。

就寝前にコップ一杯のお水を飲むことで
水分をしっかりカラダに蓄えておきましょう。

【涼しく感じる工夫をしよう】
 
 

■ 冷房や扇風機の活用

寝ているときの冷房は良くない。という
イメージも強いですが、適度に使いましょう。

・ 設定温度を高めにする
・ 除湿モードを活用する

こんな使い方がお勧めですよ。
 
 

■ 冷感マットなどを活用

最近、注目も高まっているのが、冷感マット。
実は、私も使っているのですが、
意外と涼しいです!!
 

特に、寝始めが気持ちよく感じます。
最初の寝つきが良くなると、ぐっすりと
深い眠りに尽きやすくなりますよ。
 
 

“睡眠は時間より質”と言われています。
仕事や日々の生活で、睡眠時間が短い人でも、
ぐっすりと安眠することで、疲れの取れ具合が
大きく変わりますよ。

 

ブログ

この記事に関連する記事一覧