ストレッチ専門店

【公式サイト】e-stretch 大手町

しっかり噛んで食べるだけで、カロリーは消費されやすくなる

 

 

 

スポンサードリンク

 

 


こんにちは☆トレーナーの武田です。

 

 

今日のテーマ!!

 

しっかり噛んで食べるだけで、カロリーは消費されやすくなる

 

 

東京工業大学大学院での研究結果ですが、しっかり噛んでゆっくり食べる方が、食後のエネルギーの消費量が増加するこが明らかになったそうです。

 

 

300kcalのブロック状の食品をできるだけ急いで食べると、その後、90分間のエネルギーの消費量は、体重1kg当り平均7calでした。

 

一方、食塊がなくなるまでよく噛んで食べた時には18calと明らかに高い値でした。

 

ちなみに、前者では食べるのにかかった時間は平均103秒、咀嚼の回数が137回、

後者では497秒、702回だったそうです。

 

 

また、消化に関わっている内臓の血流も、ゆっくり食べた時の方が明らかに高くなったことから、しっかり噛んでゆっくり食べると、消化・吸収活動が活発になることに関連してエネルギーの消費量が高くなったのではないかと考えられているようです。

 

例えば、体重60kgの人が同じ食事を1日3回摂取するとしましょう。
早く食べた場合とゆっくり食べた場合では、噛む回数の違いにだけで、1年間で食事によって消費されるエネルギーの量は約1万1000kcal、脂肪に置き換えてみるると約1.5kgの差がでる計算になることを示しているそうです。

ゆっくりよく噛んでたべると、ダイエットに良い、はやく満腹の指令が出やすいと言われたりしていますが、それだけなく消費されるエネルギーの量もこんなに違うんですね。

 

 

しっかり噛んで、スリムになりましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
data-ad-client="ca-pub-6064168241322856"
data-ad-slot="5729184122">

 

ダイエット

この記事に関連する記事一覧