ストレッチ専門店

ストレッチ専門店 | e-stretch 大手町店

甘党女子注意!!糖が及ぼす危険性!!

 

 

 

スポンサードリンク

 

皆さんこんにちは。武田です。

 

 

 

今日は…

 

 

糖を取りすぎると老化が速く進み、病気の原因にもなる

老化の速度を速める危険な要因として、酸化と並んで糖化が重要な要素として位置づけられています。

 

 

では、糖化とは…

 

糖を取りすぎることで体内の余った糖分が血液中に長く留まり、タンパク質と結びつくことが「糖化」です。

 

この糖とタンパク質が結びついたものは熱(体温)が加わることによって、最終的に性質が変化最終糖化産物(AGEsと呼ばれています)として体内に蓄積します。

 

 

しかも、蓄積されたAGEsは体の外になかなか排出されません。

 

 

小麦粉と砂糖、卵、牛乳を混ぜて焼くと、ホットケーキがこんがり色づくのは糖化によって起こった変化だそうです。

 

ホットケーキならおいしそうなのに、体の中で起こると…体にとても悪い影響があります。

 

しかも、食べ物に含まれるAGEsを食べることでも体内に溜まります。

 

ベーコン、とんかつやフライドポテト、ホットケーキなどはAGEsが高い食べ物と言われています。食べ物に含まれるAGEsの一部は消化の段階で分解されますが、約7~10%は排出されず体内に溜まってしまうそうです。

 

糖化によって引き起こされるのは、

 

肌では:しわやたるみ、シミやくすみの原因になります。

 

 

血管では:弾力が失われ厚く硬くなり血栓を作りやすくし、動脈硬化を起こします。

 

 

それにより、脳梗塞や心筋梗塞の病気に至ることがあります。

 

骨では:骨の強度が下がり、骨粗しょう症になります。また、AGEsによって破壊された骨はカルシウムが溶け出し、動脈硬化につながります。

 

目では:水晶体が白く濁り、白内障を起こします。

 

脳では:神経細胞を死滅させ、アルツハイマー型認知症の原因になります。

 

また、糖尿病の方は血液中の血糖値が高いままので、AGEsが大量に蓄積されます。

 

などなど単に老けるっていうだけでなく、いろんな病気の原因になってしまいます。

 

 

酸化はからだが錆びること、糖化は身体がこげることって感じのようですが、酸化よりも糖化の方が怖いようですね。

 

余分な糖やカロリーの摂取は、太るというだけでなく体へのダメージが大きいですので、気をつけなくてはなりません。

 

 

全く糖化を起こさないようにすることはできないですし、コントロールは難しいことも多いですが、できるだけ気を付けたいものです。

 

では糖化を防ぐにはどうしたら良いか。

 

 

これは、e-stretchのfacebookにいいね!押してくれてる人にだけ公開しますww

 

 

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
data-ad-client="ca-pub-6064168241322856"
data-ad-slot="5729184122">

 

ダイエット 健康

この記事に関連する記事一覧