ストレッチ専門店

ストレッチ専門店 | e-stretch 大手町店

冬に美味しい!鍋から得られる3つのメリット

 

4b576b86dd539b7c5b0bacc2cf0c5be6_s

スポンサードリンク

 

こんにちは大友です。
 
寒さも厳しくなってきました。
すぐそこまで冬が来ています。
 
そんな季節に美味しくなるのが“鍋料理”ですね。
 
野菜たっぷりでヘルシーだし、
準備が楽なのが嬉しいですね。
 
そして鍋には健康やダイエットにとって
嬉しいことがたくさんあります!
 
ということで本日は、
鍋料理がおすすめな3つの理由をお話しします。
 

4b576b86dd539b7c5b0bacc2cf0c5be6_s

1 野菜がたくさん食べれる

 
厚生労働省が推進する健康作り運動「健康日本21」では
野菜を1日”350g”食べましょうと言っています。
 
しかしその量をサラダやいつもの食事で食べようと思うとかなり大変です。
 
そこで鍋の出番です!
 
鍋の準備をしたことがある人ならわかると思いますが、
最初は鍋の蓋が閉まらないくらい大量にあった野菜でも
出来あがる頃にはすっかり鍋に収まってますよね。
 
一人鍋サイズであればこれで”200g”位は摂れているはずです。
 
1日の必要量の半分以上も摂れるなんて素晴らしいですね。
 

2 スープにはビタミン・ミネラルたっぷり

 
野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれて
いるのはご存知ですか?
 
このビタミンやミネラルは熱に弱いという
特徴を持ったものが多いです。
 
例えば、ブロッコリーを茹でて食べる場合、
茹でている間に大切な栄養がお湯に溶けだしてしまいます。
 
これではせっかくの栄養素が垂れ流しです。
非常にもったいない!
 
でも、鍋であればスープも一緒に飲めるので、
溶けだした栄養までしっかり摂ることができます!
 
これまた嬉しい限りですね。
 

3 血行促進作用

 
鍋を食べると、カラダが温まりますよね。
指先や足先まで温まり、最後は汗をかいてたりします。
 
寒い時期は、どうしても血管が委縮して血行が悪くなりがちです。
 
そんな時にはぜひお鍋を食べて、
血行を促進させましょう。
 
おすすめの具材


鮭:血流を良くするアスタキサンチンが豊富
 
大根の葉:血管を広げるビタミンE
 
しょうが:冷え性改善

 


 
このように鍋はカラダに良いことずくめです。
 
準備も野菜を切って煮るだけだから、
手間もかからず、簡単なのも魅力の一つです。
 
でも、鍋ならどんだけ食べてもいい。
って訳ではないです。
 
これから紹介するポイントに気をつけてもらうと
より一層健康効果が期待できるはずです!
 

■緑黄色野菜を入れる

 

鍋に入れる野菜で王道なのは、
白菜、ネギなどでしょうか?
 
でも栄養面を考えると欠かせないのが、
緑黄色野菜です。
 
春菊やホウレンソウ、小松菜など
緑の葉っぱ系も美味しいです。
 

■〆のごはんやうどんは半人前

 

鍋の最後の〆のごはんやうどんって美味しいですよね。
最近は、ラーメン派なんて人もいるようです。
 
わかります!
 
よくわかります!
 
しかし!!!
 
野菜たっぷりでヘルシーに鍋を食べても、
〆のごはんを食べ過ぎてしまったら台無しです。
 
ダイエット中の人は自分に厳しくいきましょう
 
最後の〆は、一人前食べずに半分だけにしておきましょうね。
 


 
寄せ鍋、しゃぶしゃぶ、キムチ鍋、トマト鍋、豆乳鍋。
 
最近は、いろんな種類の鍋があります。
 
色んな味のスープに、好きな野菜を入れて、
自分好みの鍋で楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

ダイエット 健康

この記事に関連する記事一覧