ダイエット,おやつ

ストレッチ専門店 | e-stretch 大手町店

ダイエット中のおやつ攻略

 

child-419419_640

スポンサードリンク

 

こんにちは大友です。
 
 
あま〜いデザートスイーツが大好き♪
 
でも太りたくない・・・。
 
でも食べたい・・・・・。
 
でも太りたくない・・・・・・・・。
 
あああああああああああぁぁぁぁぁっ!!!
 
 
child-419419_640


って、我慢ばかりしてストレス溜めていませんか?
 
今日はそんなあなたに
ぜひとも読んで頂きたい内容です。
 

ダイエット中にオススメなおやつ

 

そもそも、甘いものが太ってしまう理由は、
 

糖分”である砂糖や小麦粉と“油分”であるバターなどを一緒に食べることで、
脂肪が溜まりやすくなってしまうからなんです。

 
ですから、この2つが一緒になっていないものを選ぶこと。
それがポイントとなります!
 
それではどういったものがあるのでしょうか?
いくつかご紹介しますので参考にしてください。
 

  • アイス(氷菓系)
  •  

  • ジェラート
  •  

  • 和菓子(あんみつ、わらび餅)
  •  

  • ドライフルーツ
  •  

  • シフォンケーキ
  •  

  • 豆乳プリン
  •  

 
どうですか?
意外とあると思いませんか??
 
もちろん、食べすぎては意味がありませんので、
注意してくださいね。
 
今週もよく頑張った自分へのご褒美♪
くらいに考えて頂ければです。

食べる時間も重要

 

なんとなく想像できると思いますが、
夜中に〆デザートなんてのはダメですよ。
 
食べる時間もとても大切です。
 

一日の中で、最もエネルギー消費が多いのは「午前中」です。
午前中というのは、カラダが最も排泄機能が高まる時間帯でもあります。
 
10時のおやつに食べる。
というのは理にかなってますね。
 
午前中には食べたくないという人は、
3時のおやつくらいまでならOKです。
 
できるだけ夕方以降は避けるようにしましょう。

 

おやつと一緒に緑茶がオススメ

 

お菓子と一緒に飲む飲料は、緑茶がオススメです。
 
緑茶に含まれる“カテキン”には、
脂肪燃焼効果を助ける役割があります。
 
最近は、そのカテキンの働きを活かした
特定保険用食品のドリンクなども販売されていますので、
カテキン入りのドリンクを活用するのも良いでしょう!
 
コーヒー、紅茶などでも”無糖でミルク無し
であればOKです。
 

誰かと一緒に食べると量が減る

 

行動心理学によると、誰かと一緒に食事をする
一人のときよりも、食べる量が減るそうです。
 
人の目が気になるからのようです。
 
ダイエットを頑張っている友達がいれば、
その人と一緒におやつを食べるのが良いですね!
 
きっとお互いに牽制しあえると思います。
 
間違ってもフードファイターのようなお友達を誘ってはいけません。
 
 


 
 
ダイエット中だからと言っても、
ガマンのしすぎはストレスでリバウンドの原因になってしまいます。
 
食べるものや食べる時間
そしてちょっとした工夫をすれば
甘いものだって食べて大丈夫なんです。
 
ストレスを溜めないように、
ダイエット生活を頑張りましょう!
 
 
 
ちなみに僕も結構甘いもの好きです。
 
最近のオススメは・・・・って、
そんな話しは止めておきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

ダイエット 健康

この記事に関連する記事一覧