ストレッチ専門店

ストレッチ専門店 | e-stretch 大手町店

肥満7項目解決法!!

 

S__5693626

スポンサードリンク

 

こんにちは☆トレーナーの武田です。

 

 

前回のブログで

 

 

肥満の性質7項目チェック

 

 

のブログを書きましたが、

 

 

今日はタイプ別対処方法をご紹介します。

 

 

肥満者の7つのタイプ、それぞれの対処方法で予防、改善しましょう☆

 

 

 

*感情的なやけ食い型

 
a)感情を分析する
b)引き金となっているものを知る
c)食べ物を使わず対処する

 

自分がどんな気持ちのときに、食べたいという感情に駆られるかを自己認識しましょう。

 

そして、感情的になって食べたいという衝動に駆られたら、

 

食べること意外で感情をコントロールしましょう。

 
引き金となる感情が生じた時どんな風に対処するかの計画を

 

紙に書いて持ち歩くようにするとスムーズに対処できるでしょう。

 

たとえ感情的に食に走って食べ過ぎたとしても

 

行動方針を実践し始めるにはまだ十分間に合うということを思い出せるようにします。

 

 

 

 

*綿密な自己評価型

 
a)身体イメージに関して現実的になる
b)肯定的に考える
c)自分の体型を享受する

 
鏡で自分の体を見るときはウエストやお尻などの特定の部位を見るのではなく

 

体の全体像をみるようにしましょう。

 

そして自己評価を否定的なものから肯定的に変えることで

 

自分の体を受け入れ、享受することができ、

 

身体のイメージを改善することができます。

 

自信に満ちて社会的活動に意欲的となり新しい服を買い、交友関係をつくることが

 

重要な目標になります。

 

 

*ダイエット先延ばし型

 
a)小さい目標を立てる
b)自分を駆り立てる
c)ご褒美を用意する

 
生活習慣を変えるためには、短時間で成果が得られないと

 

ダイエットへのやる気がすぐに消えてしまいます。

 

大きな目標を簡単に達成できる目標に段階的に分けることで

 

成功しやすくなります。

 

また、ダイエットのきっかけとなるものをうまく使うようにしましょう。

 

行動を変えることが出来たら自分へご褒美をあげることも、

 

モチベーションのアップや維持につながります。

 

でも、ご褒美は食べること以外にしてくださいね。

 

 

 

 

*“ノー”と言えない型

 
a)自分のためのケアを実行する
b)はっきり断る
c)仕事を他人に任せる

 
自分を気遣う時間を持つこと一人で過ごしたり

 

休息、運動や健康的な食事を計画するなどの

 

自分のために時間を割くことも必要です。

 

自分のケアを行うためには必要な時に他人に「ノー」と言える

 

自己主張が必要となります。

 

多くの誰からも好かれる人にとって、これは新しい技術でしょう。

 

「嫌だ・ノー」と言えるようになることは、練習よって習得できる技術です。

 

他人に助けを求め、仕事を任せることができれば負担は軽減され

 

自分のための時間をもっと作れるようになるでしょう。

 

 

*行動派型

 

 
a)人生を新しい視点からみる
b)助けを求める
c)充電しリラックスする

 
行動を変えるためには生活のバランスを崩してしまっている行動と

 

生活のストレス原因に気づくことから始めましょう。

 

特定のことに時間を使いすぎていないか

 

ストレスの大きな原因となっているのはどんなことか

 

自身が楽しめ満足できるストレス解消法は何かを知ることが大切です。

 

行動派の多くは自力で物事を片付け

 

他人の助けに頼らないことが習慣となっています。

 

家庭でも、仕事でも他の人に仕事を任せるようにしていきましょう。

 

また、十分に睡眠をとってバッテリーを充電することをお勧めします。

 

そうすれば、行動派の人が1日過ごすのに

 

より良い食事と運動を選択できるようになるでしょう。

 

 

 

*悲観思考型

 
a)肯定的な考え方に変えていく
b)“きっとできない”を“できるかもしれない”へ
c)意識をそらし、討論する

 
悲観主義の人は、もしも放任されたら自信喪失や失望をまねき

 

否定的な考えが否定的な成り行きを呼ぶため

 

自分ではどうすることもできない

 

自信喪失の感情によってさらに悪い結果へ・・・と悪循環になります。

 
相談できる相手と話をすることで,

 

否定的な考えばかりに意識が向かないようにします。

 
話しをするなかで、なぜその悲観的な考えが間違えであるかを

 

自分に問いかけることができるようにします。

 

不幸な状況や何が起きたのかを考えるのを後回しにすると、

 

実際に起きたことの深刻さが消えてくれるでしょう。

 

このタイプの人は一人で考え込まない方が良いでしょう。

 

 

*非現実的な挑戦者型

 
a)体重目標を明確にする
b)目標を小さくする
c)限界を受け入れる

 
現実的で到達可能な目標を立てる必要があります。

 

10%の減量という小さい目標を立てれば、到達は可能であり

 

期待が高すぎる目標に比べてストレスは少なくなります。

 

小さい目標が成したら、さらに10%の減量を目標にします。

 

無理しすぎて失敗する人はそうすることで、

 

体重が減り始めてから4~6ヵ月間くらいが過ぎ停滞期を迎えたときにも

 

乗り切ることができるでことしょう。

 
それから、減量には限界がある遺伝子や骨格など変えることができないものがあることを

 

 

認識することも大切です。

 

そして成し遂げたことと、到達した目標をもとに

 

さらに理想体重になるためにより高い目標を立てたいかを考えましょう。

 

 

 

それぞれのタイプにあった方法で、ダイエットを行うと、成果が出やすくなりそうですね。
でも、一人では難しかったりもしますよね。
一人では無理・・そんな時には、ダイエットのサポートをさせて頂きます。
スポンサードリンク

 

ダイエット 健康

この記事に関連する記事一覧